◎スポンサーサイト◎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2016'07.17 (Sun)

◎ボルケニオンと機巧(からくり)の マギアナ◎

うーわ、すぐ下の記事2015年のあけおめだw
こたつむりです。相変わらずいないわけじゃなくついったにいます。

2016年のポケモン映画を見てきたので、感想を書きに来ました。
去年のフーパももちろん見てるし良かった思いが残ってるけど、ブログってのが相当億劫になってて全然更新にいたらぬままでした。 今年のは正直
くっそ良かったので
忘れないうちに書き留めておこうと思いました。

ネタバレしかないので以降折りたたみます。

【More・・・】

くっそ良かったです

あんまりこういう、良い言葉を強調する為につける言葉として本来適切じゃない単語を付ける言い回し好きじゃないんですけど

くっそ良かったので

もうこだわりとか一旦置いといて、書きたいように書いていきます。

いつかやってたように思いついた順ででちょっとずつ。


マギアナボルケニオン

もうお前ら結婚しろよ
メインどころのこの二人の関係が何ともまぁ素晴らしく描かれてました。
人間を信用しないボルケニオンと、人間に作られたマギアナ…一見かみ合わなさそうな組み合わせからよくこんな関係がつくれたなと…思い返すだけでちょっとにやにやするw
基本ボルケニオンが守ってやったり、引っ張ってやったりする側ではあるんだけど、マギアナも芯は強い子なので、単に従ってるだけじゃなく、違うことはちゃんと違うって言える素敵な関係でしたね。
ボルケニオンだけが人の言葉を(テレパシーという形ではあるけど)話せるのもよかったです。マギアナも喋り出したらなんかいろいろ喋りすぎだし、人間の言葉じゃなくても伝わる思いが見えるのがポケモンアニメのいいところだと思うので、この形でよかったと思います。人間嫌いなのになんで人間がわかるようなテレパシーを使えるのかは…かつては信じてた時期があったから、ってのが一番しっくりくるかな。

「俺が人間を信用しねぇのはな…ポケモンは嘘をつかねぇが、人間は嘘をつくからだ!」
ボルケニオン自身も過去に何かあったらしき物言いはありましたが、そこは掘り下げられませんでしたね。コミカライズとかされたら描かれてるのかな。
そんなことを言ってたボルケニオンが最後空中要塞を破壊するシーンですよ…↑みたいなこと言ってたお前がずいぶん人間臭くなっちまって…/´;△;\
サトシたちと関わった影響なんでしょうね。大切なものを共に守った者同士が作った信頼関係から、人間に対する思いが少しでもよくなった結果が見えてよかったです。
あと序盤から中盤にかけて、電磁パルスの影響でサトシが突っ込んでくるのにだんだん慣れてきてちゃんと受け止める体制になってくれてるのすごく好きwサトシのためっていうわけじゃなく、あくまで自分に害が少ないように受け止めてただけなんだろうけど。

それからもちろん挙げずにはいられない、空中要塞爆破の後のシーン。
要塞のど真ん中でだいばくはつしたわけだから、正直逃げる暇なんてなかったはずなんです。高原に戻ってこられただけでもよかったんだけど、やはりダメージが残ってて、傷ついて倒れてしまう。
「マギアナ…守ってやれなくて…すまねぇな…!」
そんな言葉すら残してたものだから、最後倒れて、サトシが手を触れて…息をしてないと思ったのか、絶望の表情で手を放したとき…心を失っていたはずのマギアナが動いて…まさかの
へぇっくしょい!!
もうwwwwww笑えばいいのかwwwwwww泣けばいいのかwwwwwwwwわかんなくなって笑いながら泣いてましたwwwwいや、泣きながら笑ってたのか?どっちでもいいかwww
いやだってそうでしょ!?ポケモン映画で、死んでしまったかもしれない子を救うシーンと言えばですよ?なんか神秘的な光に包まれて、そのよくわからない神秘的な光に癒されて、神秘的に復活を遂げてめでたしめでたし、ってなるのがいつもじゃないですか!?それが今回
花粉症からのくしゃみ
もう好きすぎる。この復活大好き。これ見たいからもっかい見に行ってもいいくらい。いや、他にも見たいところいっぱいあるけどもww

サトシご一行
映画ではいつものように名サポーター。主役のはずなのに、やることはサポート。ポケモン映画の不思議な点だと思ってます。そこがいいんだけどね。
シトロンが楽しそうだったなーwアゾット王国の仕組みがシトロン大好きそうな感じでしたね。カラクリと言うよりは機械でしたけども、からくり、を変換すると「枢、樞」が出てくるのに対して、タイトルは「機巧」ですから、個人的には機械の国でも特別違和感はありませんでした。
(のちに検索してみたら機巧でもからくりって読めるようだ)

セレナとユリーカに関してはちょっと出番少なめだったかな?サトシの着替えは半分はセレナの趣味なんじゃないかと思ったwあとどうやっても抜けないあの電磁パルスリングついてるのにどうやって着替えたんd…おっと、誰か来たようだ。



タダイマ/ @△@\

あの電磁パルスリング欲しいです。よく傘とか忘れてくるので、ちゃんと取り外し装置があるなら欲しいです。ないならゴクリンがいないとはずせないから不便かなー。

そうそう、ゴクリンと言えば。

ネーベル高原のポケモンたち
この子たちの表現がとても好きだった…代表としてゴクリンが過去にあった出来事を少しだけボルケニオンが話してくれたけど、みんなそれぞれ、人間に対して不信感を抱かざるを得ないような過去を持っていて、最初は警戒して隠れちゃうわけです。そんな子たちが少しずつ、サトシたちと交流し始めるのがとても微笑ましいというか嬉しいというか。
いつもならたまたま周囲にいたポケモンたちと仲良く遊ぶだけなんですが、そんな何気なく登場した子たちにもドラマを想像させてくれるのがとても良いですね。

中でも目立ってたのはゴクリン、ニャスパー、アマルス、それからゴンベとオタチかな。

あのゴンベとオタチなんなのwww堂々とつまみぐいしにくるゴンベと、なんか足場にされちゃったオタチが可愛すぎた。オタチは協力してたのか使われてたのか、表情見逃してしまったのでちょっとわからないけどとにかく可愛かった。

アマルスはポケモンハンターから逃げるところからだから目立つのは当然っちゃ当然なんだけど、ケガが治りきってないのに高原を守ろうと必死な姿がとても印象的でした。

ニャスパーちゃんはもうあれですよ、2度もスクリーンを独り占めにした表情ですよ。
1度目はまだ警戒心を持ってたけど、興味半分怖さ半分で覗き込む様子。
2度目はポフレを食べて、心を許し始めるきっかけとして出た笑顔。
ゴクリンとはまた別の形で、みんなの代表で「少しずつ心を開いていく様子」を見せてくれた子なんじゃないかと。ゲームの印象どおり表情がコロコロかわる子じゃないんだけど、そこがかわいいのよね。だから口角がほんの少しあがるだけで印象的な笑顔に見える。かわいい。

そして高原のポケモンで唯一…といっても少しだけど、過去の話を紐解かれたゴクリン。『捨てられる直前に、ぎゅーって抱きしめられた』って話から察するに、トレーナー側も何かしら、ゴクリンとお別れせざるを得ない状況になっちゃったんじゃないかと思うんだけど…結果トレーナーと会えなくなってしまったことには変わりないよね。いつかトレーナーと再会してほしいって思います。このゴクリンの心の闇を払うにはそれしかないから。サトシたちとはなかよくなれたかもしれないけど、根っこから問題が解決したわけじゃないよね。だから、トレーナーはゴクリンを探しててほしいし、ゴクリン側も希望を持っていてほしいなと。

メガウェーブ・ロケット団
楽しそうだなwwwwwww一回しかメガウェーブシンカさせてないのにここぞとばかりに3回も言ったよねwww自分らの手柄にして儲けようとしてしまうあくどいところがあると思いきや、ソウルハートを取り戻そうとするいい人な部分も併せ持った、いつものらしいロケット団でした。パンプジンもマーイーカも出なかったのは残念。タネマシンガンはパンプジンじゃなくてヘラクロスだったね。

ゲストキャラ含めその他
フラメルさんかわいかったよね。
ラケル見ててもケルディオ見てても思うんだけど、しょこたんは少年役の方が上手いよね。
ジャービスはポケモン映画には珍しい「悪に徹した悪役」で良かったです。メガウェーブ発生装置は単に強制メガシンカさせるだけじゃなく、ある程度ポケモンを操れるようになってたんじゃないかと思う。装置が壊れた途端ポケモンたちが逃げて行ったからね。ゲンガーが逃げていくとこかわいかった。
メガウェーブシンカが大量に現れる中、唯一正当メガシンカ使いとして輝いていたキミア王女。要塞の中にボルケニオンが飛び込んでいったときの「そんなの…駄目っ!!」は震えました。サーナイトも唯一正当メガシンカだったんだからもっと活躍してもいいとは思った。
フラメルさんかわいかったよね?
OPでのバトルもよかったねー。というか前回の短編以来ホントレントラーかわいい。エレキボール食べちゃうのってサトシVSシトロンであったっけ?それとピカチュウがアイアンテールキープしつつ十万ボルトで攻撃するところがあったんだけど、すごくいいと思う。劇中でもボルケニオンが両サイドはハイドロポンプ、正面はオーバーヒートで、複数の技を同時に使い分けるシーンがあったんだけど、本来ターンごとの行動だから1つの技しか見られないんだけど、こうやって使い分けるのすごくかっこいいと思うんだ。もっとやってほしい。
フラメルさんk(ry
プニちゃんはチートでしたwでもイケメン…いや、イケモンでした。パーフェクトフォルムは周りにあんまり認知されてない扱いなのかな。
フラm(ry

とりあえず思いつく限り……一番何が言いたいかと言うと、今年のポケモン映画
くっそ良かった
ってことです。変わらずポケモンだいすきな仲間たちも、ポケモンから離れてしまった皆様にも、ポケモンあんまり知らない人にも…本当に、是非劇場に足を運んで…じゃない!

観に行こう!!

あぁ。日付16日中に間に合わなかったw
00:07  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kotapoke.blog68.fc2.com/tb.php/305-31f7c73a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。